2018年06月30日(土)

2018-06-30 21:00
潜伏キリシタン、世界文化遺産登録決定[]
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は30日、バーレーンのマナマで開かれた会合で、キリスト禁教期の歴史を伝える「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本県)を世界文化遺産に登録することを決めた。日本の世界文化遺産登録は6年連続18件目で、自然遺産も含めた世界遺産は22件目となる。

←前|次→
[←戻る]